2018年11月11日日曜日

佐野ラーメンを食べに行く

都道府県の魅力度ランキングで、関東の一都六県は上位3、下位4に二分されます。上位が東京、神奈川、少し落ちて千葉。下位は群馬、埼玉、栃木、茨城。下位の4県は、これは本当にダントツの下位で、群馬42位、埼玉43位、栃木44位、茨城47位。茨城に至っては、最下位6年連続と、むしろオイシイとさえ思えます。その栃木、母が華道の関係でよく宇都宮に出向くことがあり、我が家にとっては馴染みがあります。宇都宮は餃子。そして栃木の美味といえば、佐野のラーメンも忘れてはなりません。先日、雨のなか伺ったのは厄除け大師にほど近い絹屋さん。店内では地元のおばちゃんたちが楽しそうにお喋りしている人気店。佐野の特色、青竹打ちの平麺が、あっさり透明のスープによく絡んで、小さくなった私の胃でも完食です。大師様にお参りし、出流原弁天池という透明度の高い池にも行って、最後は佐野アウトレットモールでロイヤルコペンハーゲンの可愛いぐい吞みを衝動買い。充実の一日でした。
関東の三大厄除け

昔ながらのあっさり味

雨の弁天池 紅葉が始まっています

高台の弁財天からの風景

2018年11月5日月曜日

倉庫と、ほうとうと、渋滞と


一つの公演は劇場を去ったあともなお続きます。9月末の「小鳥売り」の最後の後始末。公演で使用した道具をガレリア座倉庫へ格納しに秋の甲斐路をドライブです。一週間前の予報では快晴。でも当日は曇天。拙宅で積み込みをしている最中は、ぱらぱらと雨が降ってまいりました。思ったほどの道具はなく、あっさり積み込んで出発。時刻が少し遅めで、運搬部長竹原氏の読み通り、日曜としては順調に倉庫に到着。ここでフルートの塚田氏の明晰な頭脳により、鮮やかに道具の格納が完了。入れる前は、ここにこの道具が収まるのか?と心配だったのですが、いやいやまだ入るねという余裕の状況になりました。時間に余裕ができて、お腹もすきます。山梨名物といえば、ほうとう!近所の小作という有名店に出向きました。古民家を利用した風情が好ましく、お昼時とあって順番待ちになりましたが、回転も早く、じき入店。胃の小さくなった私には多すぎる豚肉ほうとうに舌鼓。帰路は紅葉狩り帰りの観光客の渋滞に巻き込まれ、小仏付近19キロにやられながら帰宅しました。でも過去の経験から、どんなに渋滞でも下道よりは早いのですね。やれやれ。
倉庫近くのほうとう小作

剣術指南所の門構えが素敵

2018年11月2日金曜日

充実のティーレマン

11月1日、久しぶりにサントリーホールへ出かけました。ティーレマン指揮、シュターツカペレ・ドレスデンによるシューマンの交響曲全曲の第二夜です。3番「ライン」と4番のみ。コンチェルトもアンコールもなし。指揮者とオーケストラが自分たちだけを聞いてくれと正面勝負を挑んだようなプログラムです。こちらも身構えます。結果は明らか。今や欧州楽壇の核であるティーレマンの実力を見せつけられました。オーケストラの機能を極限まで引き出し、奇をてらわず、バランスよく、歌謡性に優れ、自由自在。とくに4番の第3楽章から第4楽章にかけては圧巻。3楽章のトリオ部分で、揺れるような旋律をどうして弦があそこまで一体で演奏できるのか、もはや謎としか言いようがありません。そして4楽章へのつなぎ目の緊張感といったら!いや、もう2曲でお腹いっぱい。真剣勝負を心ゆくまで楽しみました。
シューマン第二夜

2018年10月21日日曜日

老舗合唱団の貫禄

三友合唱団の本番の舞台監督を務めてきました。もう皆さん手慣れたもので、私の出番などほとんどないも同然。とても速やかに事故もなく終えることができました。会場の日本橋公会堂は水天宮さんのすぐそば。普段は日舞の公演や発表会が多いそうで、舞台裏は和物の貸し道具がたくさんあって楽しかったです。自分の勤め先以外の小屋を見られるのも勉強になります。歴史ある合唱団ですから、もちろん団員さんの高齢化が悩みなのですが、70歳オーバーの皆さんが一所懸命に舞台を作っておられる素晴らしさに感動しました。聞けば来年は、フォーレの「レクイエム」に挑戦されるとか。そこで合唱団の歴史に一旦ピリオドを打つそうです。最後まで、河の流れのように堂々と。私もしっかりお手伝いさせていただこうと思います。
ただいま本番中

指揮者の北村哲朗さん

打上げは新川の洋食の名店津々井、かなり嬉しい

2018年10月12日金曜日

三友合唱団の稽古場へ

昨年も舞台監督をさせていただいた三友合唱団の本番が近づき、打合せを兼ねて稽古場へ見学に出かけました。三友合唱団の創設はなんと昭和21年。三井グループで働いておられた方々のいわゆる職場合唱団としてスタートを切ったということです。現在、友人のバリトン歌手、北村哲朗先生が指揮、指導をされていて、そのご縁で舞台監督をさせていただいています。ですが、この合唱団と私の縁はもっと昔に遡ります。亡くなった私の父、八木原良太郎がまだ武蔵野音大声楽科に在学中、三友の定期演奏会にテノールのソリストとして出演させていただいていたのです。本当に奇跡的なご縁です。実際、私の父と同じステージに乗っていた団員さんもご健在で、親子二代、こんな形で関わらせていただけるなんて本当に幸せです。今年の演奏会は1020日、日本橋公会堂。シューベルトのミサ曲第2番をメインに、前プロが林光の「日本抒情歌曲集」と大中恩の「風のうた」です。ベテラン合唱団のフレッシュな歌声が楽しみです。
稽古場の神田教会

2018年10月9日火曜日

大野/都響 ワーグナーへの期待


仕事がらみの話になります。私の勤務先である新宿文化センターで1028日に大野和士さんの指揮、東京都交響楽団の演奏で、オール・ワーグナー・プログラムの公演を行います。大野さんとガレリア座はほんの少しお付き合いがあります。大野さんは以前、東京フィルでオペラ・コンチェルタンテという演奏会形式のオペラ・シリーズを企画されました。もう伝説といって良い、今となっては予算的にも到底できない、日本オーケストラ史に残る名企画でした。ガレリア座がちょうど「仮面舞踏会」を稽古していたころ、このシリーズでも「仮面舞踏会」が掛かり、東京フィルさんに無理なお願いをしてリハーサルを見させていただきました。終了後、お疲れの大野さんにご挨拶させていただこうと皆でステージ下に伺ったら、大野さん、舞台にどっかり座って、私たちの質問を受けてくださったのです。さらにその数日後、私たちの総稽古を見るため、さいたま芸術劇場まで埼京線に乗って駆けつけ、ついには数か所、自らタクトをとって指導してくださったのです!マエストロの棒と息遣いで、瞬時に音楽が変わっていくあの興奮は今でも忘れられません。大野さんは現在、東京都交響楽団の音楽監督であり、新国立劇場の芸術監督として日本の音楽界の中枢を担っているマエストロです。都響定期と新国立以外のホールで大野さんを聴く機会はありません。というわけで、この新宿公演も、都響さんに無理をお願いしました(私、だいたい無理を言うんですね…)。しかも、ワーグナー!演奏会後半はリトアニアの素晴らしい歌手を入れて「ワルキューレ」最終場面を演奏会形式で上演します。国内で大野さんがワーグナーのオペラを振るのはこれが初めて。この貴重な瞬間にぜひ立ちあっていただきたい。
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/shusai/13989/
ワーグナー・スペシャル

2018年10月8日月曜日

芸術の秋、食欲の秋

公演が終わって少しほっとしています。ほかの舞台を見に行く余裕もできます。芸術の秋。私たちと同じアマチュアの熱い舞台は、プロとは違う楽しみがあります。地元、小金井の宮地楽器のなかにある小さなホールに出かけました。母の華道の先生が出演します。先生は、かつてガレリア座の公演にもご協力いただきました。マイヤベーア「悪魔のロベール」を上演した際、第3幕サン・クレーネの岩山で主人公ロベールが手折る聖ロザリエの魔法の樹が登場するのですが、おどろおどろしいこの樹を製作してくださった恩人です。映像で見返すと、この樹の存在感が際立ちます。さすがはプロの仕事。歌は人生と言いますが、先生の活けるお花のように滋味豊かな歌唱が印象的でした。自分の舞台でなくても、公演の後はなぜかお腹が空きます。小金井にもひっそりと良いお店があります。訪ねたのは駅北口から徒歩10分弱。蕎麦のおいしい創作料理の店、七彩さん。小さなくぐり戸から入る、雰囲気が素敵です。この日のコースは秋の旨味の冴えるお料理でした。風味豊かなごま豆腐に始まって全7品。鮪と鯛のカルパッチョサラダ、栗の竜田揚げ、冷やし蕎麦など美味しくいただきました。
おとなのはれ舞台 すばらしい!

エントランスからたのしい

スープ奥の栗の竜田揚げがお気に入り

締めの冷かけ蕎麦